メルカリの手数料対策していますか?【10%を0%へ】

TAX05

 

メルカリでの取引を何度も行うようになると
「手数料が高いからどうにかしたい」と感じ始めると思います。

メルカリの手数料は
業界の中でも高い
ですからね。

ヤフオクの手数料が8.64%に値上げされたことは
みんなが驚いたニュースでしたが
メルカリでは
それをさらに超える10%の手数料
となっています。

決して無視することのできないメルカリの手数料を
一体どうすればより少なくできるのか
メルカリの手数料対策について今回は紹介します。

 

プレオープン期間に出品された商品

メルカリ02

メルカリでの手数料対策のポイントは
「プレオープン期間に出品された商品」です。

実は手数料の有料化の際に
メルカリ事務局はこのような通知をしています。

プレオープン期間終了前に出品された全ての商品については、
商品情報を編集しても、販売手数料はかかりません。

つまり、
プレオープン中に出品した商品ページを手数料対策に活用すれば
手数料ゼロ円での取引を今でもすることができる
というわけです。

 

手数料無しで取引する手順

 

プレオープン中の商品ページは日付が古いですから
新着商品が最優先で表示されるメルカリでは
そのまま販売していても誰にも見つけてもらえません。

そこで、
新着商品として販売する商品から
手数料無料ページへ誘導する
ことがポイントになります。

「コメントをすれば値引きします」
といった説明の付いた商品がありますが
こうしてお客さんに連絡をしてもらい
専用ページにした手数料対策ページへの誘導をしている人がいますね。

「値引きしてもらえる」となれば
欲しい人はコメントをするので
十中八九手数料を節約した取引ができますね。

 

誘導ページを作る時の注意点

 

誘導ページであろうと
他の商品と同様に規約は守らないといけません。

実際に在庫がある商品で、
その価格で売れた場合には
そのまま販売できるような値段を付けておきましょう。

「値引きします」と書いたとしても
そのまま買ってしまう人がいるかもしれませんからね。

買い手が見つかった時には
誘導ページを一時停止にして
二重の取引にならないようにすることもポイントです。

 

手数料が無料にできない時には

女子大生09

この方法はプレオープン前からメルカリをやっていた人限定ですから
手数料対策ができないという人も大勢いるはずです。

そんな方は
他のフリマアプリの活用も考えてみましょう。

メルカリに追従して手数料を10%にしたアプリもありますが
ラクマとラインモールは今でも手数料無料を続けています。

 

メルカリの手数料対策まとめ

 

メルカリで手数料対策をするには
プレオープン前の手数料無料の商品ページを
積極的に活用していきましょう。

また、フリマアプリ仲間のラクマやラインモールを使えば
今でも誰でも手数料無料で販売できる
ので
メルカリの10%の手数料対策と同じ効果が得られます。

これから先どのアプリが伸びてもおかしくないですから
どのサービスであっても生き残れるように
手数料対策は選択肢を狭めないことが大切だと思います。

TAX05

シェアしていただけると嬉しいです(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です