メルカリでキャンセルしたい!出品者の方からするキャンセル方法

NG

 

出品者としてメルカリを利用していると
「この商品キャンセルしたいなぁ」
と思うことがあります。

値付けミスや品切れといった手違いは
物販ビジネスではありがち
なことですからね。

でも、メルカリでは
出品者が勝手にキャンセルすることはできません。

そこで今回は
メルカリのキャンセルを出品者からする方法について
その手順と共に解説してみようと思います。

 

キャンセルは出品者からできない

女子大生09

メルカリではシステム上は
出品者からキャンセルできません。

出品した商品が販売中の時には
出品削除や一時停止といったことができますが
購入されてしまうとキャンセルできなくなってしまう
わけです。

 

そこで今回紹介する方法では
購入者の人にお願いする形で
トラブルのないように
メルカリのキャンセルを出品者から実現します。

 

購入者に連絡をする

 

キャンセルしたい場合には
まず購入者に連絡しましょう。

何故かと言うと双方が合意していないと
キャンセル手続きを進められないからです。

ここの相談でこじれてしまうとトラブルが長引くので
どのような理由でキャンセルをするのか
といったことには
注意を払ったほうがいいでしょう。

購入者の方にも納得してもらうことが前提となります。

 

購入者にキャンセルをしてもらう

物販ビジネス05

メルカリでは購入後のキャンセルボタンは
購入者側にしかありません
ので
同意が得られたらキャンセル手続きをしてもらいましょう。

メルカリ事務局は取引ページ内でのメッセージを見て
双方の同意が確認できれば
取引をキャンセルしてくれます。

自分が購入者の場合にもキャンセルしたい時がありますが
その際にも勝手にキャンセルするのではなく
相手の方に同意をしてもらう方が
確実にキャンセルできます。

 

メルカリのキャンセルによる出品者のデメリット

 

相手に同意してもらえていれば
基本的にキャンセルをしても
デメリットはありません。

つまり、
出品停止といったペナルティもなく
ノーリスクでキャンセルできる
というわけです。

ですが、
相手の方がキャンセルを拒否することもあります。

キャンセルの交渉がこじれれば
キャンセルの話を持ちだした出品者の非となる可能性は高い
ので
そのまま取引をする選択肢も考えておく方がいいと思います。

「絶対にキャンセルできる方法」ではないということに注意が必要ですね。

 

メルカリキャンセルを出品者からする時のポイント

 

購入者と連絡を取って
相手に納得してもらえるようにしましょう。

トラブルもなく
乗り越えられるチャンスは十分にあります。

ですが、
トラブルに発展する可能性もあるため
万能な方法ではありません。

どうしてもという時の非常手段として
メルカリキャンセルを出品者からする選択肢を考えておきましょう。

キャンセルすることがないように
管理を徹底するのがベストですね。

NG

シェアしていただけると嬉しいです(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です