シャワーとお風呂はどちらが良い!?【美容・節約編】浮いたお金でメルカリ仕入れ♪

シャワーを使うのと
お風呂にお湯を溜めて入るのでは
結局のところどちらが節約になるのでしょうか。

私は普段お風呂派ですが

「なるべく節約して
メルカリ仕入れに回したいなぁ」
って考えた時

「お風呂じゃなくてシャワーにしたら
毎月ガス代や水道代が節約ができて
メルカリ仕入れにたくさんお金を回せるかも。。」

って思って調べてみました。

 

ガス代で最も大きな割合を占めるのが
お風呂だとされており、
また水の使用量は
トイレの次に多いようです。

浴槽の大きさにもよりますが、
一般的には湯船にお湯を張るのと
16分シャワーでお湯を出した時の使用量が、
同じだといわれています。

季節や、住んでいる地域にもよるかと思いますが…

短い時間で入浴する場合は
シャワーの
方がお得だということにはなりそうですね。

シャワー節約術

さてここで、
シャワーの水の使用を少なくするのに
一番効果的だとされる方法を書いていきたいと思います。

まずは、
シャワーの水を出しっぱなしにせず
こまめに止めることです。

また、効率よく節水したいという方には
「節水シャワーヘッド」がオススメですよ。

節水シャワーヘッドとは、
シャワーの出る穴の数が少ないために
水の使用量を少なくする事ができる節水グッズですが、
水圧はむしろ高くなるため
快適な使用感で節水することができる物なのです。

より節水できるというシャワーヘッドは、
通常のシャワーヘッド使用時に比べ
約50%の節水ができる上に
手元に一時止水スイッチが付いているため、
こまめに水を止めることができる、
というものです。

これは節水効果が特に高いものとなっており
オススメです。

また、何度追いだきをするかでもガス代は
変わってきそうですね。

大人数のご家庭で、
人数分追いだきしていたら
それだけガス代はかさむでしょうから

この点は気をつけたいですね。

しかし美容の面からみると、
やはり浴槽に浸かった方が良さそうです。

お風呂は健康にいい!

 

近年、低体温の人が増えているそうです。
不規則な生活が続くとストレスに対処する
免疫を司る自律神経のバランスが崩れ
低体温になりがちだそうです。

毎晩お風呂に浸かって体温を上げ、
健康になることから始めて行くことですね。

さらに、運動をして
筋肉を鍛え十分な睡眠をとるということも
非常に大切だと言われています。

身体を動かし、入浴して身体を温める。
これが大切なんですね。

また、質の高い睡眠を得るには寝る1時間くらい前に
副交感神経を優位にするとされる
41度以下
のお風呂に10分以上入ると良いそうです。

42度以上のお風呂は脳を活性化する交換神経を
優位にしてしまうので禁物だそう。

どうしても入りたい方は朝の入浴が良いかと思います。

寝る時には部屋の照明を全て消して
更にメラトニンの分泌を促進させると良いそうですよ。

そしてアンチエイジングを図りたい方は
副交感神経に大きく関係するといわれている
ミトコンドリアの活動を活発にさせると良いそうです。

先ほども書いたように41度以下の
お風呂に入り副交感神経を優位にするメリットは
ミトコンドリアの機能を高めることにもあるのだそう。

これにより細胞内の代謝水が増えるため
潤った肌になるようです。

これらの活性が最大限に機能を発揮すると、
120歳まで生きられる可能性もあるのだそうで、
活性を活発にする入浴の大切さがよく分かりますよね。

 

最後に

お風呂でワンちゃんをあらっている様子

シャワーとお風呂はどちらが良いのか
結論を述べますと

  • 節約のことを考えるとシャワー
  • 健康のことを考えるとお風呂

といったとこですかね。

メルカリの仕入れのために
シャワーにしようかなぁ
って少し思いましたが

やっぱり私はお風呂が好きだし
健康が1番だと思うので
これからもお風呂派でいくことにしました(*^^*)

どうでもいいって思った方ごめんなさいm(_ _)m笑

全国の人の割合はどうなんだろう。
やっぱりお風呂派が圧倒的なのかな。。

あなたはお風呂派ですか?
シャワー派ですか?

シェアしていただけると嬉しいです(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です