中国輸入×メルカリ転売の仕入れ先一覧【タオバオやアリババだけじゃない!】

中国輸入ビジネスを実践されている方は、メルカリ転売に限らずAmazonやヤフオクなど、様々な販路で販売されている事と思います。

しかし、その仕入れ先の殆どは「アリババ」や「タオバオ」ではないでしょうか。

 

 

たしかに、中国のEC市場ではアリババグループが強いですが、他にも中国にはたくさんのECモールが存在します。

 

仕入れ先を少し変えるだけでも、アリババやタオバオで扱ってない商品はたくさんあるので、他の中国輸入×メルカリ販売実践者とも差をつける事が出来るんです!!

 

今回は、中国の仕入れに使えるECサイトを知ってる限りすべてご紹介するので、是非活用して頂けたらと思います^^

 

中国輸入×メルカリ転売【リサーチ方法を紹介します】

2018.08.01

 

 

中国輸入×メルカリ転売の仕入れ先一覧【アリババグループ】

 

中国のECモールは殆どアリババグループが独占しています。

 

アリババグループで仕入れに使えるサイトは、

  • タオバオ ワン (淘宝網)
  • 天猫(Tmall)
  • アリババ (阿里巴巴)
  • アリババドットコム (Aribaba.com)
  • アリエクスプレス (aliexpress)
  • イータオ
  • ジュファサン

 

と、7つもあります。

 

それぞれご紹介していきます。

 

タオバオ ワン (淘宝網)

タオバオ ワン (淘宝網)は、中国輸入をする上で最も有名な仕入れ先ですね。

 

タオバオは、いわゆるCtoCという個人間の取引がメインになっています。

商品点数は8億点以上で、タオバオにない商品はないといわれるほど巨大なモールです。

 

天猫(Tmall)

天猫(Tmall)は、タオバオとは違いBtoCでの取引がメインになっています。

 

もともと高品質な商品を求める消費者の為に設立されたサイトなので、高品質で有名です。

天猫の出品のハードルは高く、出品するのには10000元ほどかかると言われています。

 

なので、コピー品や粗悪品は少ないです。

 

アリババ (阿里巴巴)

アリババ (阿里巴巴)は、いわゆるBtoBといわれる企業間取引がメインのサイトです。

 

なので、ロット数は求められることが多いですが、仕入れ値はタオバオと比べても比較的安いです。

 

アリババドットコム (Aribaba.com)

アリババドットコム (Aribaba.com)は、阿里巴巴の国際バージョンと考えてよいでしょう。

 

アリエクスプレス (aliexpress)

アリエクスプレス (aliexpress)は、小口取引が可能な卸売サイトです。

セラーが日本に直接送ってくれるので代行業者などは必要ないのがメリットです。

 

イータオ

イータオは、ショッピングモールではなく、複数のECモールを横断して検索してくれるサイトになっています。

同時に検索できるので、非常に便利です。

 

ジュファサン

ジュファサンは、共同購入サイトになっています。

Qoo10に近いようなサイトです。

 

中国輸入×メルカリ転売の仕入れ先一覧【その他のECサイト】

 

続いて、アリババグループ以外の、中国輸入×メルカリ転売の仕入れ先一覧を見ていきましょう!

 

  • 京東商城
  • Suning.com
  • 当当
  • Vancl
  • Amazon.cn
  • vip.com
  • グオメイ
  • yixun

 

 

この他にもまだまだあるのでしょうが、知っているのはとりあえずこれくらいなので、ご紹介します。

 

京東商城

京東商城は、自社で商品を仕入れて販売する直販型の事業形態のサイトです。

なので、タオバオや天猫などの出店者から出店料を徴収するスタイルとは異なります。

 

京東商城はデジタル家電に強く、購入後のアフターケアも充実しています。

 

Suning.com

Suning.comは、中国のEC市場においてNo.4のシェアを誇ると言われています。

 

京東商城と同様にデジタル家電に強いのが特徴です。

家電以外にも食料品や衣類、ベビー用品、生活用品、電子図書のほか、ホテル宿泊や航空券などさまざまなジャンルの商品を取り扱っています。

 

当当

 

当当は、中国の中でも大型のBtoCサイトで、書籍やCDなどを中心に100万種類以上の商品が販売されています。

 

Vancl

 

Vanclは、PPGという男性シャツ専門サイトのビジネスモデルを真似て作成された、アパレル系ECサイトです。

 

Amazon.cn

Amazon.cnは中国のAmazonマーケットプレイスです。

 

中国語で表示されていますが、使い方は世界共通なので、日本と同じ手順で簡単に注文できます。

もし、ほかのECサイトは難しく抵抗がある、という方は中国版Amazonで探してみるのも良いかもしれません。

 

vip.com

vip.comは、アパレル製品を主体とするブランド品を、ディスカウント販売するECサイトです。

 

アパレル製品の他にも、シューズやハンドバック、スポーツウェア、アクセサリーなども販売しています。

 

グオメイ

グオメイは、中国大手の家電販売店のECサイトです。

 

日本のビックカメラやヨドバシカメラのような位置づけと考えてよいでしょう。

 

yixun

yixunは、総合オンラインショップで、携帯電話、パソコン、家電、日用雑貨などをメインに取り扱っています。

 

最後に

 

中国輸入×メルカリ転売を実践している方も、仕入れサイトはアリババグループしか知らない方が殆どです。

 

価格と品質との折り合いは必要ですが、アリババやタオバオにない商品を販売することで、ライバルと差別化を図ることができます!!

 

 

正しすべてのECモールに代行業者が対応しているかは分からないので、事前に確認しておくようにしましょう。

 

より仕入れ先を開拓したい!という方は、バイドゥで検索するのがおすすめです。

 

 

バイドゥは中国の検索エンジンなので、Googleのようなものです。

沢山のECモールを見つけられるはずですよ!

 

中国輸入×メルカリ転売では必須!【代行会社を選ぶ際のポイントとは?】

2018.10.03

シェアしていただけると嬉しいです(*^^*)