Amazon転売の仕入先はどこ?【仕入れのポイントも解説します!】

Amazon転売を始めたものの、どこから仕入れたらいいの分からないという壁に当たる事があるでしょう。

闇雲に仕入先や仕入れる商品を探しても、時間を無駄にしてしまいます。

 

こちらではそんな方に向けて、Amazon転売の仕入れ先と、仕入のポイントをご紹介します。

Amazon転売を始めたばかりの方は分からない事が多いと思うので、是非参考にしてください。

 

 

Amazonで出品できない!?【仕入れの前に確認したい出品できない商品】

2018.05.22

 

 

Amazon転売の仕入れ先【実店舗仕入】

転売と聞くと、昔であればブックオフや古本屋から仕入れる方法(せどり)が行われていましたが、現在は手法も商品も変わっています。

 

いろいろなお店で商品が買えるようになったので、仕入の幅も広がりましたね。

仕入先で悩んでいる方は、まず実店舗から仕入れを行って、肌で実感してみるとよいかもしれません。

 

ここからは、Amazon転売の実店舗仕入れでオススメな仕入先をご紹介します。

 

  1. 家電量販店
  2. ディスカウントストア
  3. 大型スーパー
  4. デパート・百貨店
  5. リサイクルショップ
  6. CDショップ
  7. ゲームショップ
  8. 本屋
  9. ホームセンター
  10. 質屋

 

 

家電量販店

Amazon転売の仕入れ先中でも定番でしょう。

家電量販店は店舗ごとに特色があるものの、基本的に何でも仕入が可能です。

トレンド商品・廃販商品・在庫処分品・ゲーム等利益を出すことができます。

 

主な家電量販店としては、

  • ヤマダ電機
  • ビックカメラ
  • ケーズデンキ
  • ヨドバシカメラ
  • Joshin
  • エディオン

などが挙げられますね。

 

家電量販店仕入れのポイントは、1店舗だけをリサーチするのではなく、複数の店舗でリサーチを行う事です。

例えば、仕入れる商品を決めたら、その商品のレシートや値段の分かるものをもって、他の店舗を回りましょう。

 

そうすると、在庫確認もすぐにでき、値段の差も分かりますね。値切る事も可能です。

リサーチ時間の短縮及び、利益率アップが狙えます。

 

 

ディスカウントストア

ディスカウントストアの特徴として、家電量販店よりも安く仕入れられる傾向にあります。

また、仕入れられるジャンルが豊富で、調理器具やおもちゃなどなんでも販売しています。

 

主なディスカウントストアとしては、

  • ドン・キホーテ
  • コストコ
  • トライアル
  • キンブル
  • ミスターマックス
  • ダイレックス

などが挙げられます。

 

ディスカウントストアは在庫を大量に持っているので、仕入れたい商品があれば大量仕入れができるのがポイントです。

 

中には「お1人様1点限り」と書いてある商品もありますが、その場合は家族や友人に頼んで買ってもらいましょう。

また、日時をずらして再購入もできますね。

 

チラシやクーポンを活用すれば、さらに安く仕入が行えるので、仕入れる前に必ずチェックしましょう。

 

大型スーパー

大型スーパーには色んな商品がありますが、中でも家電や食品、ゲームなどがおすすめです。

スーパーによっては「○○日割引」などがあるので、そういう日を狙うと安く仕入が出来ますね。

 

主なスーパーとしては、

  • イオン
  • ダイエー
  • イトーヨーカドー

などが挙げられます。

 

この系列の店舗は、ほとんどどのショップでも同じ価格なので、仕入れたい商品があれば他の店舗から取り寄せて、大量に仕入れる事が出来ます。

 

デパート・百貨店

百貨店と聞くとなんだか高そうなイメージがありますが、百貨店にも売れる商品があります。

特に、季節もののコフレやコスメ品、廃盤化粧品などは良く売れるでしょう。

 

主なデパートや百貨店としては、

  • 伊勢丹
  • 三越
  • 阪急
  • 大丸

などが挙げられます。

 

百貨店仕入れは仕入れを行う人も少ないので、在庫も確保しやすいでしょう。

既に廃盤となっている商品が特に狙い目です。

 

リサイクルショップ

リサイクルショップは新品のものは少ないですが、中には新品未開封で安い商品も眠っています。

そこを掘り出せば利益を出すことができます。

 

主なリサイクルショップとしては、

  • ハードオフ
  • ブックオフ
  • 良品買館
  • セカンドストリート

などが挙げられます。

 

中古品を扱い高利益を得る方法も良いですが、未開封品も狙い目です。

プリンターなどのジャンク品も売れるので、ジャンクコーナーもチェックしましょう。

 

CDショップ

CDショップでは、プレミアのDVDやCDの仕入れが最適です。

 

主なCDショップとしては、

  • タワーレコード
  • HMV

などが挙げられます。

 

CDショップ仕入れでは、CDやDVDなどは初回限定版のみをリサーチするのがポイントです。

特にジャニーズ系の商品はプレミア化しやすいので狙い目です。

 

 

ゲームショップ

ゲームショップは、新作ゲームやプレミアゲームが狙い目です。

特に人気のソフトはプレミア化しやすいので、ゲーム機本体や、ゲームソフトと一緒になったパッケージを狙いましょう。

 

主なゲームショップとしては、

  • ゲオ

が挙げられます。

 

ゲームアクセサリーも高騰しやすいので、ゲームショップ仕入れの際はぜひアクセサリーにも目を付けてみて下さい。

 

本屋

本屋さんでは、トレンド商品が狙い目です。

特に付録が豪華な商品やすぐ売り切れになるような人気商品は、高騰しやすいでしょう。

 

主な本屋としては、

  • TSUTAYA
  • フタバ図書
  • 紀伊國屋書店

などがあります。

 

本屋仕入れのポイントとしては、コミックの場合アニメ化しているものが売れやすいです。

もし在庫のない商品は、電話で確認すればお取り寄せも可能です。

 

 

ホームセンター

ホームセンターは日用品や工具を売っていますが、季節品は特に安くなる傾向にあります。

また、在庫がたくさんあるので大量仕入れが可能です。

値引き交渉ができる事もあるので、安く大量に仕入れが行えるかもしれません。

 

主なホームセンターとしては、

  • カインズ
  • コーナン
  • ユーホー
  • コメリ

などが挙げられます。

 

ホームセンター仕入のポイントは、家電量販店と同時に行うと効果的なので、仕入れたい商品を決めたら同時にチェックするようにすると良いです。

特に空調機器はYAMAZENやアイリスオーヤマがおすすめです。

 

 

質屋

質屋にはAmazon転売で利益の出る掘り出し物がたくさん眠っています。

中古品でも利益は出ますが、まず狙うのは未開封商品が良いでしょう。

 

地域性のある店舗であれば甘い価格設定の事もあるので、全国チェーンのお店よりも特に狙い目です。

 

 

Amazon転売の仕入れ先【ネットショップ仕入】

現代ではネットショップで販売している商品も非常に多く、様々なジャンㇽの仕入れが手軽に行えます。

外に出ずに自宅で仕入れが行えるので便利ですね。

 

ただし、ネットショップ仕入れは店舗をある程度絞らないと、膨大な数をリサーチする事になるので気を付けましょう。

 

  1. Yahoo!ショッピング
  2. 楽天
  3. LOHACO
  4. Qoo10
  5. サンプル百貨店

 

 

Yahoo!ショッピング

Yahoo!ショッピングは、ヤフーが運営しているショッピングモールで、Tポイントを貯めたり使ったりできるのが大きなポイントとなっています。

また、ポイント倍になる日や条件が多いので、あっという間にTポイントが貯まっていくでしょう。

 

以下の条件に当てはまると特にポイントが多くもらえるので、上手く活用していきたいですね、

  • 5の付く日
  • Yahoo!プレミアム会員
  • ソフトバンクユーザー

 

楽天

楽天はAmazonに続く国内シェア2位のショッピングモールです。

楽天カードなどで支払ったり、楽天銀行の口座を持っていると、ポイントが貯まりやすくなります。

 

楽天ポイントを効率的に貯めるには、

  • ポンカンキャンペーン
  • 楽天モバイル
  • スーパーDEAL
  • スーパーセール
  • SPU
  • プレミアムカード

などを利用するとあっという間に貯まります。

 

メインに楽天カードを使っている方も多いと思うので、是非お得にポイントを貯めていきましょう。

 

LOHACO

LOHACOは、アスクルとYahoo!が連帯したショッピングモールです。

Yahoo!ショッピングにも出品されていますが、使いやすさや翌日配送がポイントになります。

もちろん、Tポイントも付与されます。

 

特に

  • アウトレットセール
  • ロハコセール

は狙い目です。

 

Qoo10

Qoo10は、Amazonや楽天と同様のショッピングモールです。

最近利用者も増えていて、独自商品が多いので狙い目と言えます。

 

特に「共同購入」では商品を安く仕入れられるので、共同購入価格になっている商品をリサーチしても良いですね。

 

サンプル百貨店

サンプル百貨店は、ALL ABOUTが運営しているサイトです。

サンプルという名前なので「サンプル商品が届くの?」と思うかもしれませんが、そういうわけではありませんので安心してください。

 

特に見るべきは「最新お申込みランキング」です。

安く変えてなおかつ、Amazonでも売れる商品が多いので狙い目でしょう。

 

 

Amazon転売の仕入先【フリマアプリ仕入】

フリマアプリは、実店舗仕入れやネットショップ仕入れに比べて、高利益の商品を狙える可能性が高いです。

かなり安く出品している出品者が多いので、狙い目と言えるでしょう。

 

  • メルカリ
  • ラクマ

 

メルカリ

現在フリマアプリの代表格となっているのは、メルカリですね。

既に利用している方も多いのではないでしょうか。

 

ユーザー数がどんどん増えており、出品される商品の数もどんどん増えているで、豊富な品揃えと安く仕入れられるのが魅力です。

フリマアプリから稼げる商品を見つけるには、フィルタリングとキーワードが重要なので、しっかり絞って効率的にリサーチしましょう。

 

 

ラクマ

ラクマは楽天が運営しているフリマアプリです。

出品手数料がメルカリよりも安いのが特徴ですが、まだメルカリほどの利用者はいません。

 

しかし、どんどん登録者数も増えており、メルカリとも本格的な勝負になってきていますね。

手数料が安い分メルカリよりも安く仕入れられる事も多いので、メルカリと合わせてチェックしましょう。

 

 

Amazon転売の仕入先【海外ネットショップ仕入れ】

海外ネットショップから仕入れた商品は、日本で「並行輸入品」として販売が可能です。

Amazon転売では主に、アメリカのAmazonから仕入れた商品を日本のAmazonで販売する手法(Amazon輸入転売)が行われています。

その他にも海外ショップから仕入れて日本で販売し、利益の出る商品がたくさんあります。

 

  • Amazon.com(USアマゾン)
  • eBay
  • その他の海外サイト

 

 

Amazon.com(USアマゾン)

米Amazon(Amazon.com)には日本にはない商品が販売されていたり、海外製品が日本で販売されているよりも安く買えます。

日本のAmazonで並行輸入品として販売されている商品の中には、米Amazonから仕入れられたものも多いでしょう。

 

このように米Amazonで仕入れて日本のAmazonで販売する方法は「Amazon輸入転売」と呼ばれ、在庫を持たずに販売する方法を「Amazon輸入無在庫転売」と呼びます。

在庫がなくても利益が出るのは、Amazon輸入ビジネスだからこそと言えます。

さらに、米Amazonと日本のAmazonはASINと呼ばれるAmazon独自の商品識別番号で管理されているので、同じ商品を簡単に見つける事ができ、リサーチがしやすいです。

 

上記のように価格があるのが分かりますね。

 

米Amazonの使い方は日本のAmazonと同様なので、英語表記ではあるもの慣れてしまえば簡単に仕入が行えます。

日本に直送できる商品も多いので、輸入ビジネス初心者の方にも向いている仕入先です。

 

 

eBay

eBayは、世界的なオークションサイトで、日本でいうヤフオクのようなサイトです。

30ヵ国以上の国が利用しており、商品数は10憶点にも及びます。

オークションといっても中古品だけではなく、新品で安い商品もたくさんあります。

 

日本へ直送可能なセラーも多く、オファー(値引き交渉)が行えるので、まとめ買いでさらに安く仕入れられる可能性もあります。

日本に直送できない場合はMyUSなどの転送業者を利用して輸入する事になります。

箱を開けただけの商品はほぼ新品の商品であるにも関わらず安くなっているので、狙い目です。

 

その他の海外サイト

海外仕入れはAmazon.comやeBayなどの有名なサイトだけでなく、他のECサイトからでも利益が出る場合があります。

特にAmazon輸入の有在庫販売は、Amazon.comからの仕入れでは利益が出にくくなっている(特にASINが繋がっているもの)ので、他のサイトを探したほうが良いでしょう。

 

なお、他の海外サイトを利用する場合は詐欺に注意しなければなりません。

中には代金だけ支払わせて発送してくれない悪質なサイトもあるので、十分に気を付けましょう。

安全なサイトから仕入れるためには、Paypal支払いができるショップからしか買わないようにしたり、Scamadviserなどでサイトを診断し安全性を確認するなどの対策を行う必要があります。

 

Amazon転売の仕入れ先【卸仕入れ】

卸仕入れとは、メーカーや業者に直接交渉して商品を仕入れる方法です。

卸仕入れのメリットは、小売り仕入よりも安く仕入れられる点ですが、ある程度の数を仕入れないと卸価格で仕入れができません。

どの程度仕入れなければいけないのかというのはメーカーや工場にもよりますが、大体20個~100個を一気に仕入れる必要があります

 

なのでリサーチがしっかりとできるようになり、商品がどれだけいつまでに売れるのかが計算できるようになってからでないと、過剰在庫になる危険性があるでしょう。

卸仕入れができるようになれば、小売仕入のときよりも2割ほど安く仕入が可能になるので、利益率もアップします。

もちろん卸売りに応えてくれるメーカーや業者は少ないですが、めげずにどんどん交渉する事が大切です。

 

  • メールで交渉する
  • 電話で交渉する

 

メールで交渉する

まずは、メールで卸売りの交渉をしてみましょう。

メールの内容は「貴社の商品を○○個購入するので割引してもらえませんか?」といったものになります。

送料が大きくかかるような海外卸仕入れの場合は、送料を無料にしてもらうように交渉するのも手です。

 

卸交渉は自分にだけにメリットがあって相手にメリットがなければ当然成立しません。

なので、相手のメリットも提示したうえで、交渉するようにしましょう。

 

電話で交渉する

メールよりも電話交渉の方が成約の確率は上がります。

特にメールだと流れてしまう可能性もあるので、電話で交渉したほうが手っ取り早いでしょう。

 

さらにメールの返信を待つ時間がありますから、その分ロスになります。

相手の話し方などで雰囲気が分かりますし、コミュニケーションが取れる点もメリットです。

電話が苦手という人は多いですが、できれば電話してしまった方がスムーズです。

 

 

最後に

Amazon転売の仕入先はどこがあるか、また仕入れのポイントも解説しました。

結局どこが稼げるのかですが、実際にはどの仕入先でも稼ぐ事が出来ます。

 

大切なのは、仕入先に合ったリサーチを行う事で、あとはいかに安く仕入れられるかがポイントになりますね。

このスキルさえ身に着けてしまえば売り上げはどんどん上がっていくでしょう。

 

 

転売のスキルがつけば、他のネットビジネスでも応用できるので是非実践してみて下さい。

 

 

Amazonで出品できない!?【仕入れの前に確認したい出品できない商品】

2018.05.22

 

 

シェアしていただけると嬉しいです(*^^*)