Amazonの大口出品と小口出品の違いって?【徹底比較します!】

Amazonでの
出品アカウントのプランには
大口出品小口出品の2つがあります。

2つの違いは
料金だけでなく、
機能面も大きく違います。

Amazonビジネスを行う方には
大口での出品が必須なのですが、

その理由も
最後まで読んでいただけたら
お分かりになると思います^^

この記事を読んで
ご自身にあったプランを
選んでくださいね♪

こちらでは
大口出品と小口出品の
具体的な違いについて
徹底比較していきます!

Amazonの大口出品と小口出品の料金形態

大口出品と小口出品の
料金形態は以下のように構成されています。

  • 大口出品…月額登録料(4900円+税)+販売手数料
  • 小口出品…基本成約料(商品1点ごとに100円)+販売手数料

販売手数料というのは
注文成約時にかかる手数料の事で、

こちらに関しては大口出品も
小口出品も同じ額になっています。

出品数が月50個以下なら
小口出品の方が安いし
いいんじゃないの?

と思うかもしれませんが
使える機能が全然変わってきます。

家にある不要品を
売りに出したいという方で
あれば小口出品で充分ですが

ビジネスでやって行く方は
大口出品をオススメしています。

Amazonビジネスをやるなら「大口出品」の理由

具体的に、
大口出品と小口出品では
どの様な機能が違うでしょうか。

Amazonサイトの
比較表を見てみましょう。

一覧を見て分かるように
大口出品は小口出品に比べて
使える機能が多い事が分かります。

この他にも
大口出品は小口出品にはない
機能がありますので
1つ1つ見ていきましょう!

小口出品にはない
大口出品の機能は以下になります。

  1. 一括出品ツールが使える
  2. 注文管理レポートが使える
  3. 配送料金と日時指定の設定が行える
  4. 決済方法の選択値が増える
  5. オプションサービスが多数利用できる
  6. 新規出品ができる
  7. ショッピングカートボックスを獲得できる

一括出品ツールが使える

出品数が多い場合に
一括出品ツールを使えば
大量の商品も簡単に出品ができます。

大口出品ではAmazonから
提供されているテンプレートを
使って一括で出品する事が可能です。

時間を節約する事が出来ますね^^

注文管理レポートが使える

注文管理レポート
というのは注文された商品の
情報をまとめたものです。

このレポートでは、
FBAや自社出荷された注文商品の
注文状況や販売経路情報、
商品詳細などを見る事ができます。

最近の注文商品情報が
含まれているので販売経路の
需要分析などに使う事が出来ます。

配送料金と日時指定の設定が行える

小口出品の場合は
Amazonが指定した配送料と
時間で出品されます。

しかし大口出品の場合は
独自でそれぞれを設定する事が出来ます。

配送パターン
設定する事ができるので
注文の量や重さに応じて
送料を変えられます。

決済方法の選択値が増える

小口出品での決済方法は
クレジットカードまたは
Amazonギフトカード、
Amazonショッピングカード
しか選択する事ができません。

これに比べて大口出品では

  • クレジットカード 
  • コンビニ決済
  • 代金引換
  • Edy払い
  • Amazonギフト券
  • Amazonショッピングカード 
  • 請求書払い(Amazonが認定する法人・個人事業主の方のみ)

と多数の支払い方法から
購入者が選択できる様に
なっています。

これにより
クレジットカード使えない方や
持っていない方にも
安心して購入してもらえます。

オプションサービスが多数利用できる

小口出品の場合は
FBAしか利用する事が
出来ませんが

大口出品では以下の
サービスが利用出来ます。

  1. フルフィルメント by Amazon (FBA)
  2. マケプレプライム
  3. Amazonスポンサープロダクト
  4. 法人販売プログラム

どのサービスも
Amazonで商品を売れやすく
してくれるサービスになっています。

新規出品ができる

新規出品ができる事は
Amazonビジネスにおいても
非常に重要なポイントです。

小口出品の場合は
既存のページに相乗りする方法
でしか出品が出来ません。

しかし大口出品の場合は
まだAmazonにない商品を
新しい商品ページを作成して
出品する事が出来ます。

ビジネスとして大きく
成長する為にも
新規出品は必須ですよ^^

ショッピングカートボックスを獲得できる

ショッピングカートボックス
というのは商品の詳細ページにある
ボックスの事です。

購入者がショッピングカートに
商品を追加するためには
カートに入れる」ボタンを押しますよね。

カートボックスを獲得すると
そこに一緒に表示される様になります。

なので、そのまま自身の
ショップから商品を購入して
もらえる可能性が高くなります。

ショッピングカートボックスの獲得は
販売価格や在庫数に応じて
変わっていくのですが、
大口出品者である事が条件になっています。

なので
小口出品者の場合は
表示される事はありません。

Amazonの大口出品と小口出品の違い【まとめ】

大口出品と小口出品では
料金だけでなく機能が全然違う事が
分かっていただけたと思います。

大口出品小口出品に比べて
圧倒的に販売が有利な仕組み
になっていましたよね!

Amazon輸入などの
Amaoznビジネスを始める方は
大口出品での登録が必須です!!!

…と何度もいう理由も
徹底比較した事で理解して
いただけたと思います。笑

もちろん家の不用品を売るだけ、
であれば小口出品で十分です◎

Amazonでの出品は
とても簡単なので、
中古の出品にももってこいです。

出品の方法に関しては
Amazonに商品を出品する方法【画像付きで分かりやすく説明します】
を参考にしてみてくださいね^^

是非ご自身にあったプランで
出品者登録をして
Amazonに出品しましょう!

早速Amazonに出品者登録を
したい方はこちらからとべますよ♪

シェアしていただけると嬉しいです(*^^*)