Amazon出品規制ってなに?【仕入れる前に必ず確認!】

Amazonには
出品が規制されている
商品があります。

出品規制されている商品と
知らずに仕入れてしまうと、
出品する事が出来ない場合があります…!

実際にAmazon出品規制を
知らずに仕入れてしまい、

出品が出来ないなんて…!

とお困りの方も多数います。

そんな状態に陥らない為にも
Amazonの出品規制を
しっかり知っておく必要がありますよね!

もちろん、扱う事が
出来ないという訳ではなく
出品許可申請ををすれば出品が可能です。

今回は、
Amazon出品規制について
説明していきます^^

しっかり理解して
仕入れたのに出品出来ない…
という事態を防ぎましょう!!

関連:Amazonの出品許可申請の方法【具体的な手順を説明します】

「Amazon出品規制」とは

Amazonでは
一部のカテゴリーやブランド、
メーカーの商品を出品する際に、
許可が必要な場合があります。

このような許可がないと
出品が出来ないルールを
Amazon出品規制」といいます。

Amazon出品規制は
以下の2つに分ける事が出来ます。

  1. Amazonでは取り扱いが出来ない商品
  2. 出品時に制限が設けられている商品
  3. 許可を取る事で出品が可能になる商品

Amazonでは取り扱いが出来ない商品(出品禁止商品)

そもそもAmazonでは
出品が禁止されている商品
存在します。

出品禁止商品に該当する場合は
どのような方法を使っても
出品自体が禁止されているので
注意しましょう。

危険物はもちろん、
Amazonが販売を許可していない
商品も出品禁止商品に
該当している場合があります。

詳しくは
Amazon出品禁止商品
記載があるので、

該当していないかを
必ず確認するようにして下さい。

出品時に制限が設けられている商品(制限対象商品)

Amazonでは一部の商品に
「出品するならこれは守って!」
という制限を設けています。

制限対象商品を
出品したい場合は商品が
Amazonが定める基準を
満たしている必要があります。

対象商品には、
自動車部品や医療機器など、
確認せずに出品してしまいそうな
商品も含まれています。

必ずAmazon制限対象商品
確認するようにして下さいね^^

許可を取る事で出品が可能になる商品(出品規制商品)

Amazonでは
出品許可を取る事で
出品が可能になる商品があります。

カテゴリーまたはブランドの
一部商品で規制がかかっています。

まずは「カテゴリー規制」を
確認していきます。

実は、
現在カテゴリーで規制があるのは

ストーリミングメディアプレイヤー
のみになっています。

以前までは
たくさんのカテゴリーで
規制がかかっていました。

Amazonのこうした規定は
何回見直されているため、
今後もコロコロと変わる
可能性は十分にありますが…

とりあえず現在は
ストリーミングメディアプレイヤー
のみとなっています^^

出品の要件もしっかり
確認しておきましょう!

 

また、
ブランドまたはメーカー商品の出品規制」は
以下が対象の例です。

  • BenQ Japan(ベンキュージャパン)
  • BROTHER(ブラザー)
  • CANON(キャノン)
  • CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)
  • CASIO(カシオ)
  • DJI(ディー・ジェイ・アイ)
  • EPSON(エプソン)
  • Ergobaby(エルゴベビー)
  • FUJIFILM(富士フイルム)
  • GOPRO(ゴープロ)
  • Hoppetta(ホッペッタ)
  • NIKON(ニコン)
  • OLYMPUS(オリンパス)
  • PANASONIC(パナソニック)
  • PENTAX(ペンタックス)
  • RICOH(リコー)
  • SIGMA(シグマ)
  • SONY(ソニー)
  • TAMRON(タムロン)

これらの出品規制商品
新品で出品する場合のみ
対象になります。

中古で出品する場合は
許可が無くても出品可能ですよ◎

Amazon出品規制を解除するには?【まとめ】

 

Amazon出品規制とは何か、
しっかり理解して
いただけたでしょうか??

知らずに仕入れてしまって
出品が出来い…!!!!

なんて事にならないように、
出品規制をしっかり頭に入れて
おきましょう♪

また出品規制の商品も
出品許可申請を行えば
出品が可能になります。

是非解除にも挑戦してみてください^^

関連:Amazonの出品許可申請の方法【具体的な手順を説明します】

シェアしていただけると嬉しいです(*^^*)