映画を安く見るには…【レアな情報もあり!?】

みなさんは普段、
映画館で映画を見るとき
いくら払って見てますか?

同じ映画を見る場合でも、
本当に様々な料金が存在するのだなぁ
と思います。

それなら少しでも
お得に映画を見たいものですよね。

 

 

そこで今回は、
映画を安く見ることのできる
方法をいくつかご紹介致します。

 

 

まず、
一般的な料金表を書いてみます。

  • 一般→1800円
    (もうこの料金を払うのはなんだか悔しいですね…)
  • 大学生→1500円
    (学生証の提示が求められますのでお忘れなく)
  • 高校生→1000円
    (近年は高校生は1000円の所が多いようです。
    こちらも学生証の持参が必須です。)
  • 中・小学生→1000円
    (幼児料金との具体的な線引きは映画館によって
    多少違うようです)
  • 幼児→1000円
  • シニア→1100円
    (こちらも証明書が必要となります)
  • 障害者手帳をお持ちの方→1000円
    (同伴の方も1000円になるようです)

次に、
以下は比較的メジャーな割引方法でしょうか。

 

安い時を狙って見る

 

◎ファーストデー

毎月1日を映画の日と設定している映画館が多いですね。

それにちなんで、
現在ほとんどの映画館で
映画サービスデーとしての
割引料金が適用されています。
(1100円)

※このような、映画館のサービスデーは
映画館によって設定されている日にちが違うようですが…

◎レディースデー

こちらも多くの方がご存知かと思いますが、
毎週水曜日をレディースデーとして、
女性限定割引をしている映画館が多いようです。
(1100円)

◎レイトショー

毎日20時以降(夜8時〜)の上映作品を、
割引料金で見られる映画館も、
ちらほらあるようです。(1300円)

◎モーニングショー

平日午前の初回上映を対象に、
割引料金で見られるという劇場もあるのですね。
(1300円)

◎夫婦50割引

夫婦どちらかが50歳以上ならば2人で2200円。
曜日や時間は問われないようですが、
夫婦2人揃って同じ映画を見るという条件つきらしいです。

◎高校生友情割引

高校生3人以上で料金が一人1000円。

こちらも学生証の提示が求められます。

 

安いチケットを購入しておく

 

◎前売り券

通常は上映劇場の窓口での購入となっているようですが
コンビニ等でも購入できるみたいですよ。

ただし前売り券には
劇場指定のものもあるようなので要注意です。

◎金券ショップでチケットを買う

上映終了間近のものや、
あまり人気のない映画だったり…
そのような映画は、
通常の料金より安い価格で
チケットが売られている場合があるようなので、
覗いてみると良いですね。

そして、以下はレアな情報でしょうか。

◎誕生日の月に割引料金で映画が見られる

ただしこちらは現在まだまだ少数のよう。

◎毎月決まった曜日が割引になる

この辺は、その時に見たい映画と、
自身のスケジュールが合えば、
とても有難く見ることができそうです。

◎メンズデー

レディースデーに対抗してでしょうか。

このような日を設定している映画館も存在しているようですが、
こちらもまだまだ非常に数が少ないようです。

タダで見る

 

◎試写会に行く

こちらは、抽選が行われること、
上映される場所が指定されてしまうこと、
上映環境(状態)があまり良くない場合もあるということ、
等の点もあるようですが…

タダなら我慢できる!!という方は是非。

あとは、
映画館には行かずにDVDで見るのも良いですよ。

旧作だと非常に安く見ることができたりします。

映画館に拘らない人にはオススメの方法ですね。

 

最後に

映画館

映画を安く見る方法はこんなにあるんだなぁ。
って調べながら考えていました。

メルカリをやっていても
知っているだけで
お得になったりする情報が
けっこうあります。

どの世界でも
情報は大切ですね。。

最近メルカリばかりやっていて
映画をみる時間とか
遊んだりする時間をとってなかったなぁ。
なにか
オススメの映画とかありますか?

ものすごくいきなりですが
あなたに質問しています(^^)笑

今、この記事を読んでいるあなた。
もしいつかお会いする機会があれば
教えてください(^^)笑

シェアしていただけると嬉しいです(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA