【メルカリのコツ】写真の素敵な撮り方

 

みなさんはメルカリで出品する時に
どんなことに気を付けていますか?

「商品写真」
商品の顔のようなもので
第一印象を決める重要な要素です。

そんな写真をうまく撮れれば
売上アップも狙えます。

なので、今回紹介する
「写真の素敵な撮り方」を使って
メルカリのコツを実践してみてください。

 

写真をクッキリ撮る方法

女子大生04

明らかに写真撮影をミスした画像は
画像がブレていて輪郭がボケています。

スマホをしっかり持ったつもりでも
結構ブレブレの写真になったりしますね。

クッキリ写真が撮れないその原因は
明るさが足りないからかもしれません。

夜中に部屋の明かりだけだと
スマホのカメラにとっては
明るさが足りなかったりするんですよ。

なので、照明機材があればそれを使って
無い時には昼間の太陽光を部屋に入れて
それで写真撮影をしてみましょう。

輪郭がクッキリと出た
綺麗な写真
が撮れるはずです。

 

文字を入れる

 

メルカリでは写真に文字を入れられます。

「何だこれ」と思われそうな商品には
軽く説明を画像に入れるのがコツですね。

便利グッズ系の商品だと
説明を入れないと「よく分からない商品」
に見えてしまうことがよくあります。

「簡単に卵を割れる道具」というように
文字で入れるだけで
写真では伝わらないイメージも伝わります。

写真撮影の時には文字を入れるために
商品の上か下に余白を作るのもコツです。

 

加工のやり過ぎはNG

NG01

最近ではあまり見かけませんが
写真の加工をやり過ぎて
逆にイメージが伝わらない商品

よくありました。

モノクロにしたり色あせた写真にすると
オシャレに感じるのはそうなのですが
写真のイメージを伝える時には
あまり適していないように思います。

メルカリでは何枚か写真が載せられるので
2枚目以降にオシャレに加工した
写真を使うのであれば問題ないでしょう。

 

外部アプリを使う時の注意点

 

メルカリ上のカメラ機能を使わずに
外部アプリを使う場合には
画像サイズに注意が必要です。

メルカリでは正方形の画像を使うので
一般的なカメラアプリの
撮影サイズとはちょっと違う
からです。

640×640の正方形
それ以上大きい正方形で
写真を作ってみてください。

外部アプリで編集した時の
イメージ通りに商品を彩れます。

 

【メルカリのコツ】写真は最重要

 

メルカリのコツとして
写真は最重要ということは
知っておいたほうがいいでしょう。

見る人を印象付ける商品写真で
どれだけ心を掴めるか
それで買ってくる人の数が変わります。

シェアしていただけると嬉しいです(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA