メルカリに出品して儲けるための7つのコツ。【コツコツが、コツ?】

メルカリは賢く使えば不要品を処分するだけでなく
販売者としてお金を儲けることもできます。

メルカリでより高く買ってもらったり
色んな人に買ってもらうには
どんなポイントを抑えればいいのか?

誰にでもできるメルカリで儲けるには
こちらの7つのコツをぜひ覚えてみてください。

  1. 送料無料でより多く売る
  2. 交渉不可・無言購入OKで出品
  3. 少し高値にしておく
  4. 再出品で目立たせる
  5. 売れ筋商品を見つけよう
  6. 月で最も商品が売れる日
  7. 売れる商品の見つけ方

送料無料でより多く売る

皆さんはネットショップを使っていて
送料計算が面倒だと思ったことはありませんか?

それはメルカリの購入者さんも同じことで
同じ金額でも
送料無料の明朗会計の方が売れるんです。

ある程度のサイズであれば
全国一律料金で発送できるサービスもあるので
送料を上乗せして
送料無料の金額で出品してみましょう。

多く売れたり、すぐに売れるということは
回転率がアップして
より多くの利益が残ります。

交渉不可・無言購入OKで出品

メルカリでは購入を考えている人から
値引き交渉されることもあります。

ですが、メルカリを副業的な使い方をするなら
交渉のやりとりは正直言って面倒だと思います。

無茶な金額
交渉してくる人が多いですからね。

メルカリでは「交渉不可設定」ができて
あとは説明欄に「無言購入OK」と書いておけば
面倒な駆け引きもなく
スムーズなやりとりができます。

 

少し高値にしておく

メルカリの特徴ですが、
今は「衝動買い」する人が多いです。

人気のアプリということもあって
とりあえず何か買ってみたい
という方が増えている
のでしょう。

なので、少し高値にしておいても
買ってくれる人がいます。
人気商品でないと
売れるまで時間がかかるかもしれませんが
試しに高値で出しておいても
損はありませんからね。

うまく高値で売れてくれれば
万々歳です。

再出品で目立たせる

メルカリでは新規の商品が
アプリ内の目立つ位置に表示
されます。
ということは、
「新規商品の方が売れやすい」ですよね。
なので、目立たせる目的で
商品を定期的に再出品する
手法があります。

出品する手間が掛かりますが
「目立たないせいで売れない商品」
これで売れるはずです。

利用者の多い夜の8時以降や、
主婦層の多いお昼前を狙って
再出品してみると
売上が増やせる可能性は高いです。

 

売れ筋商品を見つけよう

メルカリに限ったことではありませんが
ネットオークションやネットフリマでは
売れ筋商品を見つければ
売上は飛躍的に伸びます。

売れるとわかっていれば
「たくさん仕入れもできる」ので
大量購入による安値の仕入れ
できるようになりますよね。

本気で儲けたいなら
売れ筋商品をぜひ探してみてください。

 

月で最も商品が売れる日

メルカリには
「最も商品が売れる日」の目安があります。

それは購入者さんの給料日です。

会社によって違うこともありますが
大抵の企業は25日が給料日で
15日や月末に支払う会社も結構ありますね。

つまり、その日を狙って商品を出品すれば
一番効率よく売上を稼げるというわけです。

売れる商品の見つけ方

ここまで紹介したコツを実践するだけでも
メルカリでより儲けられるようになりますが
「そもそも何を売ればいいのか分からない」
という方も多いと思います。

どうせやるなら
もっと売上を伸ばそう
と思った時に
何かと苦労するのが「売れる商品探し」ですね。

世の中には何万もの商品があるわけですから
その中から商品を選ぶのは
センスも必要
になります。

仕入れルートから考えてみるのも
いいかもしれません。
中国から直仕入れすれば
かなり安く買えますからね。

初心者であれば、スマホ関連商品のように
みんな必要でデザインも多くあって、
小さくて軽い物
だと単価や送料が安いので
オススメです。

競合が多くなければ
どんな商品にもチャンスはありますよ。

最後に

赤いくまのぬいぐるみ

メルカリでやることは
商品を出品して発送することです。

慣れれば単純作業で簡単なものですが
最初のうちは四苦八苦しながら
コツコツ作業することになるので
まずはネット販売の基本作業に
慣れてみましょう。

数をこなせるようになれば
より儲ける機会も見えてきます
からね。

メルカリで出品して儲けるために
是非今回ご紹介した7つのコツを
参考にしてみてください♪

シェアしていただけると嬉しいです(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA