中国輸入×メルカリ転売【注意したい出品禁止商品】

中国輸入のメルカリ転売では
注意したい出品禁止商品があります。

この出品禁止商品を出品してしまうと
アカウント停止を受けたり
出品禁止措置を取られてしまいます。

もちろん、出品が禁止されていると
知らずに出品してしまっている
出品者の方が多いのも事実です。

 

中国輸入のメルカリ転売で
アカウント停止や出品禁止措置を
食らってしまっては命取りです。

また仕入れてから出品出来ない!
となるのも困りますね。

 

そうなる前にメルカリの規約を
しっかり学んで出品禁止商品を
頭に入れておきましょう!

メルカリで出品代行を使うと危険です!知らなかったでは、済まされないんです。

2016.03.01

中国輸入のメルカリ転売で注意したい「販売禁止商品」

メルカリには様々な規約がありますが
その中でも販売禁止商品
仕入れる前に知っておかなければなりません。

中には「これもダメなの!?」という
身近な物もありますし、種類も多いですが
しっかり最後まで読んで下さいね^^

 

メルカリ規約に記載されている
販売禁止商品には以下があります。

  • 偽ブランド品・正規品と確証のないもの
  • 知的財産権を侵害するもの
  • 盗難品など不正な経路で入手した商品
  • 盗難品など不正な経路で入手した商品
  • 公序良俗、モラルに反するもの
  • 18禁、アダルト関連
  • 青少年の保護育成上好ましくないもの
  • クリーニング済みでない学生服、制服
  • 未クリーニングの中古下着
  • ブルマ、スクール水着類
  • 安全性に問題があるもの
  • 危険物(花火や火薬を使用した商品なども含む)
  • たばこ
  • 開封済み、または到着後1週間以内に賞味(品質保持)期限が切れる食品
  • 保健所許可や営業許可のない食品(包装や食品表示がされていないものも含む)
  • 医薬品
  • 法令に抵触するサプリメント類 (海外並行輸入品を含む)
  • カラーコンタクト、コンタクト
  • 化粧品、香水等の小分け販売(法律で禁止されているため)
  • 許認可のない手作りコスメ、化粧品、石鹸、シャンプー、コンディショナー、乳液など
  • 転売目的で得たと判断されるチケット
  • 商品券、債券、小切手、クレジットカード、キャッシュカード、宝くじ等の金券類
  • 記名式チケット等、購入者が利用できないことが明らかなもの
  • 領収書や公的証明書類
  • 現行流通している国内外の貨幣、通貨、仮想通貨
  • 現金同様の価値があるチャージされたプリペイドカード類(Suica、楽天Edy、nanaco、WAONなど)
  • オンラインギフト券(iTunesカード、Amazonギフト券など)
  • 取り寄せが必要な商品
  • 宣伝、探し物の出品
  • 物品ではないもの(情報、サービスの提供等)
  • ゲームアカウントやゲーム内の通貨、アイテム等の電子データ
  • 試作品(商品サンプル)の掲載がないオーダーメイド品
  • 福袋(内包される商品の名称、写真がないもの)
  • 生き物、希少動物の部位を用いた商品
  • 自動車やオートバイ(所有者の変更登録が直ちにできないおそれがあるもの)
  • 二次創作物の出品ガイドラインに違反する商品
  • 個人情報
  • その他違法商品
  • メルカリ事務局で不適切と判断される商品

 

詳しくはメルカリの公式サイトの
禁止されている出品物」に記載があります。

赤字で書かれているのは、
中国輸入のメルカリ転売で関係しそうな
出品禁止商品です。

それらについて詳しく見ていきましょう!

偽ブランド品・正規品と確証のないもの

メルカリでの出品が
禁止されているだけでなく
中国輸入自体でも気を付けたいのが
偽ブランド品やコピー品です。

これらの輸入は法律違反となりますので
絶対に輸入しないようにしましょう。

知的財産権を侵害するもの

こちらも特に中国輸入自体で
気を付けたい法律です。

知的財産権とは人が考えて
作ったものの知的な価値を形のない財産
として守る為の権利です。

知的財産権には

  • 特許権…発明などに関する権利
  • 著作権…音楽や漫画といった思想や感情による創作を保護する権利
  • 商標権…商品やサービスについて使用する商標に対して与えられる権利
  • 意匠権…商品の形といったデザインを保護する権利

の4つがあります。

これらを侵害するような商品は
輸入自体が禁止されており
輸入した場合は法律違反となります。

知的財産権に関して詳しく知りたい方は
特許庁公式HPの知的財産権について
を読んで下さいね^^

医薬品

医薬品は法律に関係しているため
メルカリだけでなくAmazonなどでも
出品が規制されています。

そもそも輸入自体に
「輸入許可証」が必要です。

法令に抵触するサプリメント類 (海外並行輸入品を含む)

輸入したダイエットサプリなどの
出品は基本的には禁止されています。

「〇〇に効く」等の効果を明確に書くと
医薬品扱いになるため出品すると
医薬品扱いとされて、違法行為になる為です。

書かなければ食品扱いになる為
出品は出来ますがサプリメント自体の
輸入にも規制や注意点がある為
扱わないのが無難です。

カラーコンタクト、コンタクト

新品・未使用であっても
カラーコンタクトやコンタクトの
出品は禁止されています。

化粧品、香水等の小分け販売

こちらに関しては初めて知った方も
多いのではないでしょうか。

小分けの販売は「製造」にあたる為
化粧品製造販売業許可のない者は、
業として、化粧品の製造販売をしてはならない
という法律上禁止されているのです。

もちろん、中国輸入のメルカリ転売は
業になりますから化粧品を輸入し
販売する事は違法ですので注意しましょう。

取り寄せが必要な商品

メルカリでは手元にない商品を
出品する事は禁止されています。

つまり無在庫販売はダメという事ですね。

中国輸入のメルカリ転売は
有在庫で行いましょう。

その他違法商品

他にも法律に触れるような商品は
注意が必要です。

例えば電波を発する機器(輸入品)で
技適マークがついていない商品が
販売し使用された場合は電波法違反となります。

電波を発するとなると
携帯やBluetooth端末など
身近な物ですよね。

こうした身近な物でも法律に関係する
商品はたくさんありますので
注意が必要です。

メルカリ事務局で不適切と判断される商品

先ほど紹介した禁止されている出品物
リスト以外にもメルカリの運営事務局が
不適切と判断した商品は出品禁止です。

少しでも、怪しいなと感じた商品は
扱わないのがベストですね。

まとめ

中国輸入のメルカリ転売で注意したい
出品禁止商品について解説しました。

特に法律に関係する商品に関しては
知らなかったでは済まされない場合も
ありますので十分に注意しましょう。

 

また、メルカリには出品禁止商品
だけでなく様々な規約があります。

中国輸入のメルカリ転売で
トラブルでつまづく事の無いように
規約はしっかり確認するようにして下さいね^^

メルカリで出品停止されないための5つの注意点【トラブル回避!!】

2016.10.06